ノロウイルスの脅威・・・

昨日、施設のご入居者がノロウイルス疑いで感染症対応になったんです。
嘔吐、発熱で、しかも嘔吐は結構な量だったので、これはもう確定かなぁ〜なんて思っていたんですよね。

ノロウイルスだった場合、他のご入居者に感染しては大変なので、少しでも可能性があると消毒や隔離などしっかり対応しなくてはいけません。
この感染症対応ってのがすごく面倒っていうか…。
まぁ仕方ないんですけどね。

で、発熱が39.2℃になって搬送したようです。
そこで、ノロウイルスではなく肺炎との診断…。
やけに熱が高いな〜と思ったら、肺炎でしたか。
そういえばこの方何度も肺炎を繰り返しているんですよね。

不謹慎ですが、ノロウイルスでなくてよかった…と思ってしまいました。
だって、蔓延したら本当に大変なんですもの!
ノロウイルスの流行はまさにこれから、春まで続きます。
ご入居者はもちろんですが、私自身も気をつけなくっちゃ〜!
みなさんも、(とくに牡蠣!)気をつけてくださいね。

2014年11月5日リンクURL